> > 土地家屋調査士の業務

   事務所名:糸井土地家屋調査士事務所/調査士名:糸井尚之 
   所在地:埼玉県深谷市普済寺1430-1/TEL:048-577-6605 

   お気軽にお問い合わせください。

土地家屋調査士の業務

土地家屋調査士は様々な案件を同時並行処理で行っていますが、それらの多くは次のような作業内容によって構成されています。

件数7

  • 申請業務

    土地・建物について必要な各種の登記申請を行います。料金は申請の種類や件数によって計算されます。

  • 書類作成

    境界立会に関する書類、境界確定図・地積測量図等図面の作成、登記申請書の作成等、土地家屋調査士の業務には様々な書類作成が伴います。さらに、関係者の署名押印も必要になります。 料金は作成する書面の種類や葉数、関係者の人数などによって計算されます。

  • 立会業務

    土地の所有者はもちろん隣接地所有者や道路・水路など公共用地管理者を含めた全関係者が現地で一同に会して、個々に境界の確認を行います。 料金は、場所が郊外か市街地か住宅密集地か、隣地は公共用地・民有地ごとに境界点の数と難易度によって計算されます。

  • 境界標埋設

    設置箇所に適した方法で、コンクリート杭、プラスチック杭、金属標、鋲等を設置します。 料金は作業の難易度や境界標の本数などによって計算されます。

  • 測量業務

    土地地積更正登記や土地分筆登記を申請しようとする際、現地の状況を的確に把握し、筆界がどこにあるのか、又は分筆地の面積や形状等を検討するために行います。また、建物の新築登記や増築登記に際しては、建物の床面積や敷地との位置関係を建築確認書など資料を元に必要な測量を行います。 料金は測量する面積に比例し形状把握等の作業難易度を加算することによって計算されます。

  • 現地調査

    実際に立会や測量業務に入る前に現地の状況を把握し、資料に基づきどのような作業が必要になるか計画をたてるための調査を行います。料金は1件ごとに計算します。

  • 資料調査

    法務局や市町村役場、道路管理者等に出向き、保管書類や図面の閲覧等を中心に調査します。料金は、調査する図面や書類等の種類や、土地の筆数などによって計算されます。